ドント・ブリーズ

フェデ・アルバレス、2016。ホラーなのに全然怖くないし、ハラハラドキドキしない。誰が死のうがかまわないと思わせちゃった時点でこういう映画は終わりだと思う。強盗対サイコキラーの話なのだが、強盗がショボすぎる。盲人とわかっていれば音対策グッズを持っていくべきだったし、仕留める機会で二度仕留めずに終わる。盲人が犯罪者という設定も話をつまらないものにしたと思う。音グッズを出せ、ちゃんと仕留めろ、そればかりが頭に残った。盲人というキャラクターを生かして、最低限音に敏感な映画を撮るべきだった。85点。