僕達急行 A列車で行こう

森田芳光、2011。素晴らしすぎた。松山ケンイチのキャラクターを筆頭にみんなゆるゆるでいいヤツばかり。特に男女関係の描き方のライトな感じはたまらなかった。音楽も気の抜けた感じでいいし、喜劇的要素も多々あるのだが気が抜けてる。風通しの非常にいい映画で、見ていて嬉しくなってしまった。映像演出の遊びゴコロも満載。好きな映像作家がかなりやりたい放題やって、それを見てハッピーになれるってのは幸せなことだと感じた。とても寛容な映画だと思った。100点。