歌声にのった少年

ハニ・アブ・アサド、2015。「アメリカン・アイドル」の中東版「アラブ・アイドル」で優勝したガザの男の実話を基にしたドラマ。最大の見せ場である「アラブ・アイドル」の過程を、再現ドラマにできなかったことが、この映画の失敗を決定づけたと思う。そもそも主人公が大人になってからは何の面白味もない。子供時代は天才子役のような主人公の姉が、映画を一人で引っ張っていて痛快さがあったが、姉が死んで映画は終わった。単純に娯楽映画としてのレベルが低く、結果的にパレスチナ映画というくくりに頼った形になってしまっていてとても残念。85点。