スペル

サム・ライミ、2009。サム・ライミの映画を初めて見た。ホラー映画なのだが、冒頭の銀行でのババアの日常風景が超ホラーで、コイツはヤバいぞと思ったら、あとは普通のホラーだった。全体的にコメディ要素も多々あり、死んでもいいヤツらも結構いるから、誰が死んでも特に問題なしという感じで気楽に見ることができた。ホラー映画って日常のなかに非日常があらわれるところなんかすごく風通しが良く、ミュージカルなんかもそういうもので、要は娯楽映画なんだなと思った。脚本のズサンさをつついても意味がなく、楽しんでなんぼのもんだと思った。90点。