SCOOP!

大根仁、2016。二流エンタメ映画。福山雅治は初めて見たが、ちょっと無理のある役をやっている感じが画から伝わった。相棒である二階堂ふみに関しては脚本上ですでに問題があり、機能していないように感じた。二階堂ふみの濡れ場は、あんなお遊戯では見ているほうが酷というものだろう。ストーリーは芸能スクープを追うカメラマンのよもやま話といったところで、個人的な興味は皆無、映像的にも面白味に欠けるものだった。演者は吉田羊演じる女編集長はじめ、類型的キャラクターが多すぎたように感じた。ラストは福山雅治が死ぬ必要性が感じられなかったが、二階堂ふみとできちゃうんなら死んだほうがいいと思った。85点。