旅路の果て

ジュリアン・デュヴィヴィエ、1939。記憶と忘却、過去と現在、理想と現実、そして生と死。この映画はその狭間を見事に描いている。脚本が素晴らしい。『舞踏会の手帖』のようなエレガントさはないのだが、交わることの少ないふたりの男が対照的に描かれ、それを仲介する男の役回りも見事だ。この映画は、舞台役者専門の養老院が舞台である。養老院にモテ男ルイ・ジューヴェがあらわれることよって物語が動く。しかしジーヴェは自由気ままに過ごし、いなくなったりもする。それをよそに養老院の物語は進んでゆく。抵抗運動を煽る大根役者ミシェル・シモンのシーンなど、見事なシーンがたくさんある。カメラの動きが素晴らしく、映画を躍動させている。ジューヴェとシモンの、ふたりの描かれ方が素晴らしい。ジーヴェは女によって虚栄心を満たし、常に演劇的に高圧的な振る舞いをする。手紙のシーンが見事だ。女からの昔の手紙を自分宛に再送する。そして過去と同じやり口で女を自殺させようとする。それらの反復はジーヴェには現実と舞台の区別がないことを示唆する。同じことを繰り返すのが舞台ならば、人生でも女性関係を筆頭に同じことを繰り返している。だからこそ、代役ばかりで舞台に立ったことがないシモンは、養老院では特別な存在となり、ジーヴェとの対照性も際立ってくる。シモンの埋葬シーンは感動的だ。ふたりの男を仲介する役回りでありながら、実は主役ともいえるヴィクター・フランセンの弔辞は、真実を求めた男による真実の語りとなっており、シモンを強烈に決定づけている。弔辞は演劇への賛歌にまで及ぶ。そこにいないのはジーヴェただひとりである。95点。