黄色いリボン

ジョン・フォード、1949。西部劇にしては人があまり死なない。退役間際のジョン・ウェイン率いる騎兵隊には死者がひとりも出ない。とはいえ西部劇の血なまぐささはプンプンしており、インディアンの集落に夜討をかけたり、武器商人が無残に殺されたりもするし、他の部隊の死者は残酷に登場する。騎兵隊に死者が出ないという設定はいいのだが、その分を他で殺している印象は拭えない。そういう意味では西部劇に縛られながら、主に語られる騎兵隊だけは西部劇らしくないという、どっちつかずの中途半端さがある。しかしながら、導入部と後半は娯楽として楽しめた。物語は仲間の連帯や他者への敬意が主に語られている。見事に真っ赤な照明のなか、妻の墓地にいるジョン・ウェインは印象的だ。彼は敬意を持たれる上司であり、妻への敬意を忘れない。それは女性への敬意にもあらわれる。インディアンの長老はジョン・ウェインに、若者を統率できないと漏らす。それにより、統率できているジョン・ウェインとのあいだにあからさまな対照性が生じる。そして騎兵隊の連帯が強調される。インディアン絡みの展開は中途半端だ。崖の上のインディアンを映すショットは嵐の前の静けさを感じさせる。しかし、嵐は夜討という形で中途半端に終わる。これは死者を出さない演出でしかないように見える。騎兵隊の人間関係も描かれるのだが、戦闘が動機づけにならないため、こちらも中途半端だ。ベン・ジョンソンへの信頼のみは戦闘なくしても強く感じられる。主題歌「黄色いリボン」の乱発と、劇中の黄色いリボンのモチーフとしての質素さが、なんともチグハグである。90点。