バルタザールどこへ行く

ロベール・ブレッソン、1964。ブレッソンがドストエフスキーの『白痴』に着想を得て撮ったとされる崇高なる寓話。寓話としての神秘的物語というのはブレッソンが得意とする語り口である。この映画は無垢なロバ、バルタザールの寓話であり、ロバはブレッソン的ストイシズムの象徴として描かれる。そしてロバは人間に翻弄されて生涯を終えるのだが、その生涯で関わった人々の罪悪やそれ以外をも浮き彫りにしてゆく。一方で、アンヌ・ヴィアゼムスキーも物語の主人公である。ロバとアンヌは子どもの頃は仲良しだったが、アンヌが男と関わるようになって変わってゆく。アンヌのロバへの無関心は、少女の恋愛や成長にとっては当たり前のことであるようにも見える。しかし、ロバの視点から見ると、アンヌの無関心は脅威であり残酷な印象を受ける。ロバとアンヌは類似性を見せる。性の対象とされたアンヌはレイプされ、カネで買われそうになる。ロバは身売りどころか、ただで放り出されて生きてゆくしかない。この映画はカネのモチーフ、それは現金であり土地であり車でもあるのだが、それらが多用されて醜く描かれる。アンヌをカネで買おうとした男もブレッソンの流儀で醜悪に語られる。アンヌの父は成金から貧乏人に転落して死ぬ。父とは口もきかないし死際を見ることもないアンヌがいる。ロバはアンヌの父の棺を運ぶ。その後、ロバは誰にも見られることなく羊たちに囲まれて死んでゆく。この映画は、ロバとアンヌを類似させ、ロバと父を対照させ、そこに平行性をもたせることで物語を描いている。その三者が持つあらがえない定めゆえに悲痛な物語となっている。100点。