暗黒街の弾痕

フリッツ・ラング、1937。ラングがアメリカに亡命して数年後の作品。ハリウッド黄金期のマナーを凌駕してゆくようなラングの演出が冴え渡る作品だ。そしてその後ラングは当然のようにハリウッド黄金期を代表する監督になってゆく。恐るべき演出が強烈な映像をもって示される。鉄格子の影、ガスマスクと煙と豪雨と窓の隙間から覗く瞳、ヘンリー・フォンダと牧師の運命的なシーンに運命的に立ち込める煙、そして国境付近の森の造形と神々しい光。脳裏に焼き付いて離れない映像がいくつもある。音の演出もすさまじい。台詞より先に台詞よりデカい効果音を入れたり、異常な音量のサイレンが鳴り響いたりする。効果音も映画音楽も映画に対してとても有効に機能している。ヘンリー・フォンダの演技が素晴らしい。善と悪、理性と狂気が共存する役柄を、ほとんど表情だけで演じてみせる。ラングは脚本を書いてはいないのだが、ドイツ時代の『M』と同様に、個人や権力や大衆に内在する恐怖が描かれている。『M』と比較するとこちらは当然ながらハリウッドのマナーで作られており、多分低予算映画であるからセットも簡素だ。映画全体のフォルムは『M』と比較すれば平凡な感じがしてしまう。しかし、ラングがモンスターにしか見えない『M』と比較すると、この映画はハリウッドマナーで作られている分、ラングの異形さは目につきやすくなっている。とはいえ、ハリウッドとラングの奇跡的な融合がこの映画で見られるわけではない。それを見たいから他も当たってみようと思う。邦題がかなり謎で暗黒街は出てこない。95点。