ニワトリはハダシだ

森崎東、2003。エネルギーに満ち溢れた映画だ。例えば人間が持つ様々なエネルギーを、映画的なアクションに昇華してゆくさまは本当に見事だ。人物の動かし方の演出も絶妙である。これまた絶妙なのが車や船の演出だ。特に車はこの映画の重要なモチーフであり、ふんだんに演出される。ロケーションも素晴らしくそれをとらえるカメラも的確だ。時代遅れな感じは否めないテイストなのだが、そこに時代遅れな音楽が見事に調和しており、時代遅れなのだがズレてはいない。肘井美佳が素晴らしい。彼女だけが時代遅れなテイストから除外され新鮮な輝き放っていた。特に前半の彼女の動きは映画の原動力にもなっていた。ワクワクするようなエネルギーに満ちた映画なのだが、人情喜劇にとどまらない脚本をうまく処理できているようには思えない。在日問題や障害者問題の一部は人情喜劇の寛容性で包み込んでいる。ただ警察の汚職のくだりは、別の映画のようになってしまっている。終盤の展開は、家族の再生とそこに絡む肘井美佳という構図がふさわしいと感じた。しかしそれらは汚職のくだりによって中途半端に描写され、肘井美佳は汚職の物語のほうへ影響を与えることになる。対国家権力としての終盤、あるいは大掛かりなアクションとしての終盤によって、映画への興味が薄れてしまった。例えば、多分食堂で初登場していつの間にか軽トラの荷台に乗っていて、いつの間にか消えてしまう金髪娘とか、そういうルーズで寛容な描写の素晴らしさも同様に薄れてしまった。終盤の展開も汚職のくだりもひっくるめての映画だというのはよくわかる。だが乗り切れなかった。95点。