そして父になる

是枝裕和、2013。人物設定上、福山雅治は浮いた存在である。しかし浮いているのは人物設定だけでなく演技によるところも大きいような気がする。まるで年輪を盗まれた役所広司みたいだった。演技を導く演出や脚本が存在しない。ふたつの家族のなかでの浮きっぷりも見事だ。映画のなかでひとりだけ蚊帳の外にずっといるのである。樹木希林との絡みでは樹木の演技が空間を支配するから成立する。しかし決定的だったのは高橋和也との絡みで見えた絶望的な演技の距離だ。高橋は端役であるし福山との空間を支配しようとはしない。すると高橋の部分だけ明らかに高橋の映画になってしまい、福山の存在は映画見学者が映ってしまっているかのようになる。人物設定上の浮遊と演技の浮遊は、ともに俗世からかけ離れたものであり、ただでさえフィクションめいた人物設定が演技によって助長されるのだ。この映画自体、是枝にしてはフィクションめいた映画だといえるだろう。だから福山の浮遊は想定内なのかもしれない。得意の子どもを使ったドキュメンタリー的演出はあまり見られない。物語の構成も父子と母子を巡る対照や類似の反復がやたらと繰り返される。それらの多くはもっと暗示するべきで、そうしないと明示される瞬間の驚きや感動が薄れてしまう。しかしこの映画はひたすら父子と母子と血と時間の物語を明示しながら福山を孤立させ続けるのだ。終盤のカメラのくだりから、『パリ、テキサス』みたいなシーンには鮮やかに裏切られた。ここでの演技が認められ、福山はようやくリリー・フランキー宅に迎えられるのである。是枝は元々苦手なのだが、この映画はあけすけすぎた。90点。