ウイークエンド

ジャン=リュック・ゴダール、1967。60年代ゴダールと商業映画との関係はこの映画で終わった。しかし、この映画にはゴダールの新たなる原点回帰と社会風刺コメディが見事に融合しており、ラディカルでありながらキュートな作品になっている。ゴダールらしく音の使い方のセンスは抜群だ。この映画では映像もあまり物を語ることはなく自由になっている。つまりこの映画は商業映画から政治映画への移行期にできてしまった怪物的映画だともいえる。序盤の大渋滞ギャグなんて予算がなきゃできない。燃える車と死体の美しさはゴダールが作った画といってもいいだろう。ただ全編に渡ってゴダールのセンスが炸裂しているとも思えない。後半はゴダールらしく政治的で退屈な側面もあるのだが、それを差し引いても十分に面白い。農家の中庭でモーツアルトが流れる回転ショットあるいは逆回転ショットは、非常に長く美しいときの流れを感じることができる。ギャグになっていないギャグが満載なのもいい感じだ。親指太郎とエミリー・ブロンテも登場するし、「雨月」とクレジットされ船を漕ぐ水戸光子みたいなお遊びショットもある。ミレーユ・ダルクのエルメスへの執着と夫ジャン・ヤンヌの肉を食らうシーンもバカバカしい。それでもやはり強烈だったのは親の偽装事故を含めた車の使い方だ。車は最初からオモチャとして登場し、現代社会の物質主義の愚かな側面を強調しながら描かれている。ジャン=ピエール・レオのいた?原っぱも素敵なロケーションだった。車が転がっていて、豚に追いかけられたりしてとてもよかった。こんなラディカルな商業映画にはあまりお目にかかれない。100点。