インランド・エンパイア

デヴィッド・リンチ、2006。最初は一般映画のふりをして見る者をおどおどさせ、ストンと迷宮に放り込む。いつもの手法がこの映画でも炸裂している。今回はそれが早くて長くて深いのが特徴だ。顔面超クローズアップでおばちゃんが意味深発言をべらべら喋った時点で、一般映画のなかにいながらどうしようもなく不安になる。顔面超クローズアップはローラ・ダーンを中心に威力を発揮している。顔面映画としては正しく演出がされている。顔面なんてずっと見ていたら気持ち悪いものなのだが、この映画はちゃんと気持ち悪く映っているのだ。リンチは映画形式のパターンを多用のだが、特に反復は多用される。反復は類似や強調を示唆するもので、リンチもそのような使い方をするにはする。しかしリンチの映画は謎解き映画ではなく謎の演出を楽しむ映画だ。バラバラになったパズルのピースを組み合わせるのではなく、バラバラになったピースの色彩や造形を楽しむのだ。そうした意味で、この映画における反復は謎と謎をフックで引っ掛けるような機能があり、複数の世界をフックで引っ掛けたり、物語形式を維持するフックとしても機能している。この映画には世界がいくつもある。現実、映画1、映画2、ウサギ部屋、女部屋、あとは妄想。それらは当然のことながら厳密に設定されることはない。この映画は自主映画スタイルで作られており、それを強みにかなりやりたい放題やっている。この映画は『マルホランド・ドライブ』には劣ると思う。楽しみつつもキツい映画だった。しかしこういう映画を作る人がいて、数年に一度それを見られることはとてもうれしいことだ。95点。