めまい

アルフレッド・ヒッチコック、1958。アメリカンフットボールの攻撃は決まったプレーが繰り返されることがよくある。試合を通して見れば決まったプレーの反復と差異によって攻撃が成り立っている。この映画の極めて異質なところはプレーが反復されるその頻度にある。アメリカンフットボールのようにゲームを見るような感覚で反復がひたすら繰り返されるのだ。なにかを見ている人物を見せてその人物の主観ショットを見せる。大概はジェームズ・スチュアートのショットから主観に相当するショットにカットされる。そしてプレーのテンポが普通じゃない。とてもゆったりとしたテンポで台詞も最小限に展開してゆく。『裏窓』や『ハリーの災難』に匹敵する変なヒッチコック映画だ。二部構成となっており、ここでジェームズ・スチュアートはふたたび生きた女に死んだ女の姿を見て恋をする。さらに第二部ではジェームズ・スチュアートが死んだ女、すなわち取り憑く女の役回りを自ら演じることで、キム・ノヴァクを取り巻く環境の変化が奇妙な類似を見せながら、第一部との反復と差異がとりわけ強調される。キム・ノヴァクの第一部の精神錯乱演技は気品や優雅さがあって素晴らしかった。第一部の尾行のテイストのまま映画が終われば文句なしだった。第二部も魅力的なのだが、第一部を巡る数奇な物語という感じで第一部のテイストは失われてしまった。見るという行為に関しては一貫して強烈な演出が見られる。高所恐怖症から細かな視線の描写、死人とそっくりに仕立てるところなど、ひたすら見ることに執着した映画である。不思議な映画だからもう一度見たくなった。100点。