GONIN サーガ

石井隆、2015。1995年に製作された前作『GONIN』から19年後という設定の続編。前作があるとは知らずに見たのだが、前作が記憶にあるかどうかで序盤の印象はかなり異なるだろう。前作を見た人には状況設定が親切に見えるだろうし、見ていない人にはかなり乱暴な状況設定に見える。でもこの乱暴な状況設定のわかりにくさは、細かいことは気にしない、というこの映画のスタンスを明確に示す重要な要素になっていて、実際この映画は脚本のディテールを問題としないケースがかなりある。台詞はなにを言っているのかわかりずらいし、誰が誰なのだかわからないシーンもある。終盤のシーンはフェードアウトが多く、背景に尺の問題を感じたりもする。画面に漂う時代遅れな感じはトレードマークにすらなっている。しかし、ところどころ目をつむれば相当におもしろい。香港ノワールもののような大胆なガンアクション。血しぶきではなく血煙が舞うなんてどうかしている。やたらと豪雨を振らせたがるし、バッサバッサとカーテンはゆれる。バディ・ムービーとしての序列が曖昧で、東出昌大は明らかに主役を剥奪されている。でも柄本佑のわけのわからない人物像は素晴らしかったし、土屋アンナは好みの女優ではないのだが、この映画では輝いていた。しかし、映画を見事に束ねているのは、なんといってもサイコなヒットマン竹中直人で、彼と絡むと皆が魅力的になっていた。序盤は苦しみそうな予感がしたのだが、最後まで一気に見られておもしろかった。95点。