ダンケルク

クリストファー・ノーラン、2017。第二次世界大戦でのダンケルクの戦いを描いた戦争映画。ダイナモ作戦と呼ばれる、追い詰められた英仏連合軍の救出劇が、陸・海・空を舞台にして展開される。まずおもしろいのは、ダンケルクの海岸、民間の小型船、空軍の戦闘機と、三つのロケーションをクロスさせながら描いているのだが、それらは同時刻ではなく時間がズレている。そのうえ描かれる時間の尺もズレている。冒頭で字幕表示されるのは、海岸は一週間、小型船は一日、戦闘機は一時間となっている。これらの時間操作は脚本の妙といえるだろう。特に戦闘機の一時間は、他のロケーションを取り込みながら、一本のタイムラインとして映画自体を見事に構築していた。時間操作と同様に印象に残ったのが台詞の少なさだ。それに、ドイツ兵の姿は戦闘機や銃弾以外は一切登場しない。あとは、ナチが紛れ込んでいて一波乱あるというようなドラマ的なシーンはあえて排除している。救出劇という形式をうまく利用して敵を排除し、英国本土に向かうことに焦点が当てられ、それを群像劇、あるいは群集劇の形式をとることで物語の方向性が強化されていると感じた。逃亡という敗北者の物語がプライドを持って描かれていて素晴らしい。音楽があまりにもうるさすぎた点と、30万人救出劇という圧倒的な群衆や船の数をまるで表現しようとしていない点は残念だった。95点。