キサラギ

佐藤祐市、2007。あるC級アイドルが自殺して、一周忌ということでファンの男5人がひとつの部屋に集まる。ファンの交流会のはずが、死の真相をめぐる密室推理劇となっていく。演じるのはユースケ・サンタマリア、香川照之、小出恵介、塚地武雅、そして小栗旬の5人だ。演技がまず素晴らしくそれだけで見入ってしまう。そしてそれぞれのキャラクターが脚本でよく練り込まれている。ただのアイドルファンからAに転じ、さらにBに転じるのだ。だから見ていて飽きないのだが、撮影もよくできている。アップでカッティングを連発したりはしない。箱モノを強烈に意識させるカメラポジションが多用されている。見る者はみな部屋のどこになにがあるか簡単に把握するだろうから、あたかもその場にいるような感覚に陥る。物語自体もミステリー仕立てで二転三転するのだが、やはり最大の魅力はアイドルという虚構をリアルに描いているところだ。つまりファンタジーとしてのアイドルが解体され、再構築されるさまが映画で見事に表現されていることだ。手紙の伏線からの回収なんてアイドルに限らずファン冥利に尽きるものがあるのだが、映画は華麗にそれを描いてみせる。終盤はちょっとダラけたし、アイドルは登場しなくてもよかったと思ったし、ラストのラストは不要だった。ラストをビシッと決めていれば密室劇の傑作になっていたかもしれない。95点。