絞殺魔

リチャード・フライシャー、1968。1962-64年にかけて起こった「ボストン絞殺魔事件」の映画化。ドキュメンタリーな雰囲気もある映画なのだが、映像の切り口をたくさん持っていて、まず驚かされるのが画面を複数に分割させることだ。これで音楽が入ってこればいかにも60-70年代的なムードも出ようものだが、この映画ではほとんど音楽を使っていない。それゆえに画面分割はポップな演出というありきたりな描写に陥ることがない。そして映画は中盤になって、犯人(実際には冤罪説もあるらしいが)トニー・カーティスが登場する。トニー・カーティスはまもなく逮捕されるのだが、病的な二重人格的者であり、物証もないため自白がないと裁けない。そこで映画はトニー・カーティスとヘンリー・フォンダのぶつかり稽古の様相を呈していくことになる。トニー・カーティスのフラッシュバックを引き出す中で、ヘンリー・フォンダがフラッシュバックに登場したり、鏡まみれの演出なども効果的だ。ただ、誰も悪巧みをしていないギリギリの張り詰めた空気は見ていてしびれた。そしてある瞬間から犯人は無言になる。このときカメラは動く犯人の動作は捉えず顔面のみをひたすら活写する。その強烈な画面から、そのまま映画はエンディングへと向かう。終盤はとても見ごたえがあった。100点。