ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

庵野秀明、摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉、2012。『序』『破』『Q』と立て続けに見てしまったのだが、この置いてきぼり感にひたり、ああエヴァンゲリオンだと思うに至った。14年間の空白で何から何まで変わりすぎてよくわからない。見慣れた光景がないぶん、なにがどうなってんだかよくわからない部分が多い。さすがに3本連続で見ると飽きる。特に『Q』はお馴染みのメンツがいないから碇シンジの心の旅路みたくなっていて、それはそれでおもしろいのだが、もうちょっとなんとかできたような気がしないでもない。3本目でようやくエヴァンゲリオンらしくハチャメチャにやってくれましたという感じは出ている。まだ続編があるようなので奇跡的な着地点、もしくは奇跡的な暴走を見てみたい。90点。