時をかける少女

大林宣彦、1983。大林宣彦というとモダンな演出で洗練された映像美を見せるイメージがあるのだが、この映画は手作り感覚満載の自主映画的ノリで作られている。次の『廃市』がとても良い映画で、以前の『転校生』も評価が高いから、この映画の評価は微妙なところだと思う。物語がなんだかのっそりとしていて、それを繰り返すものだからいまいち映画に入っていけなかった。それでも大林映画のジャン・ピエール・レオこと尾美としのりは健在だし、なによりも尾道の風景が素晴らしい。そして撮り方もかなりオールドスクールで、演者も入江たか子や上原謙を配したりとオールドムービーへの愛情が満載である。そしてこの有名なタイトルがあってもなおイマイチ感が拭い去れなかったのは残念だった。次は『転校生」を見たい。90点。